ホーム > MBO > チムニーMBO

チムニーMBO


居酒屋中堅のチムニーは6日、MBO(経営陣が参加する買収)を実施すると発表した。米系投資ファンドのカーライル・グループの傘下企業と組む。全株取得の場合、買収金額は約208億円。若者の酒離れや消費不振で居酒屋市場が低迷するなか、給食や日中営業の外食事業を育て、中長期的な視点で成長力を高める。
NIKKEI NET 2009年11月7日

【CFOならこう読む】

 「カーライル傘下のエフ・ディーがTOBを実施する。期間は11月9日から12月21日まで。
買付価格は2260円で、5日終値(1563円)に約45%、直近6ヶ月の株価に37%上乗せした。
発行済株式の75%以上を取得できればTOBが成立し、東証2部での上場は廃止になる見通し。」
(前掲紙)

プレミアム45%といっても、2007年には2890円つけていたわけですからねぇ。
しかし業績は好調で過去5年を見ても増収増益、ROEも低下傾向にはありますが、20%を確保しています。対抗TOBが出てきてもいいように思うのですが。

「カーライル・グループはTOB成立に向けて約100億円をエフ・ディーに追加出資、借入金で112億円を賄う。チムニーの和泉学社長もTOB成立後、エフ・ディーに3億円出資する。チムニー筆頭株主の米久は保有する全株を売却することに同意している。」(前掲紙)

エフ・ディー の概要は次の通りです。

(1) 名称 株式会社エフ・ディー
(2) 所在地 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 丸茂 正人
(4) 事業内容 当社の株式の取得及び保有等
(5) 資本金 125,000円
(6) 設立年月日 平成21年9月16日
(7) 大株主及び持株比率 シージェイピー・ツー・ジェネラル・パートナー・エル・ピー100.00%

要するにこのMBOのために設立されたビークルです。

208億円の買収金額に対し、借入金は112億円。レバレッジは約2倍といった水準です。
5年後に再上場できたとして、IRR20%で計算すると、再上場時和泉氏が拠出する3億円は、3×1.2×1.2×1.2×1.2×1.2=7.4億円となる計算です。

【リンク】

2009年11月6日「MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ」チムニー株式会社【PDF】

カテゴリー: MBO タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. 2009 年 11 月 7 日 13:24 | #1
  2. 2009 年 11 月 7 日 13:24 | #2
  3. 2009 年 11 月 7 日 13:24 | #3
  4. 2012 年 12 月 11 日 08:36 | #4
  5. 2013 年 11 月 8 日 08:08 | #5