ホーム > 資金調達 > REITの増資→分配金増

REITの増資→分配金増

Pocket

不動産投資信託(REIT)のジャパン・オフィス投資法人が27日に発表した第三者割当増資が話題を集めている。増資といえば1株利益の希薄化を連想しやすいが、同法人の場合はむしろ1株利益が増えるからだ。これい伴い、2010年10月期の分配金予想を5割近く引き上げた。
(日本経済新聞2010年1月29日19面 大機小機)

【CFOならこう読む】

ジャパン・オフィス投資法人は、発行数量及び投資口の希薄化の規模が合理的と判断した根拠を次のように説明しています。

「本第三者割当により、既存の投資口数に対し24.4%の希薄化が発生するものの、今回調達する資金等で短期借入金を返済することによって借入コストが低減し、第9期の1口当たり分配金は上昇する見込みです。また、本第三者割当によって借入金を低減し財務体質を強化することは、投資口価値の向上及び本投資法人の中長期的な成長に繋がるものと考えており、本第三者割当の実施は本投資法人の既存投資主の利益に適うものと判断いたしました。」

これを受けて投資口価格も上昇しています。

この投資口価格の上昇は、EPS上昇の影響というより、2010年1月に返済期限を迎えた日本GEからの借入金(204億円)のリファイナンスリスクをとりあえず回避したことを受けてのものと思います。

【リンク】

2009年1月27日「資金の借入れ及び既存借入金の一部返済に関するお知らせ」[PDF]
2009年1月27日「第三者割当による投資口発行に関するお知らせ」[PDF]

カテゴリー: 資金調達 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. 2010 年 1 月 30 日 12:10 | #1