ホーム > 備忘録 > 脱税防止へ租税条約改定

脱税防止へ租税条約改定

Pocket

政府はタックスヘイブンと名指しされた国・地域との連携を強めている。今年に入ってベルギーやシンガポールなど5カ国・地域と税務当局間の情報交換を強化する租税条約の改定に署名。国際的な脱税の封じ込めを目指す主要国間の合意を踏まえた対応だ。タックス・ヘイブンを介した脱税も発覚しており、連携の成果が出始めたとの見方もある。
(日本経済新聞2010年3月3日5面)

【CFOならこう読む】

今日は備忘記録です。

「1月以降、租税条約や協定の改定に署名したのはこのほかルクセンブルグ、英領バミューダ、マレーシア。これらの国・地域は経済協力開発機構(OECD)から、国際的な税務の透明性が不十分だと指摘されていた。昨年6月にはスイスとの改定に基本合意した。
改定により、相手国の税務当局から情報の照会があった場合、「機密」や「自国の課税権に影響がない」といった理由で協力を拒めなくなる」(前掲紙)

【リンク】

なし

カテゴリー: 備忘録 タグ: ,
  1. コメントはまだありません。
  1. 2010 年 3 月 3 日 09:00 | #1