ホーム > IPO > 新興市場に資金流入

新興市場に資金流入

Pocket

新興市場に上場する銘柄に投資マネーが流入している。22日は日経ジャスダック平均株価が年初来高値を更新し、大幅反落した日経平均株価と明暗を分けた。個人投資家や外国人投資家が内需関連で値動きの良い銘柄を買っている。円高に対する警戒感から、東証1部に上場する主力の輸出関連銘柄の買い持ちを膨らましにくいためだ。
(日本経済新聞2010年4月23日17面)

【CFOならこう読む】

「最近、目立つのが外国人投資家の積極姿勢だ。ジャスダック上場銘柄の投資主体別売買動向で外国人は2月第4週から4月第1週まで7週連続で買い越した。最近の中小型株の上昇で、個人投資家の買いも続いている」(前掲紙)

金融緩和に伴うあぶく銭が海外から流入しているだけのこと。
長期的なものとは思えません。

【リンク】

なし

カテゴリー: IPO タグ:
  1. 2010 年 4 月 23 日 10:40 | #1

    >金融緩和に伴うあぶく銭が海外から流入しているだけのこと
    そうなのでしょうか???
    世界中のアナリストは2010年、日本を買いだと言っているのですが。IMF等も日本の経済見通しを上方修正しています。
    また、日本の有望銘柄は中小型企業に多いというのも知られつつあります。
    ご存知の通り、大企業は多角化ならぬ「多悪化」で沈んでいる企業が多い。単一事業で回せる中堅企業は投資ストーリーが描きやすく、外国人が好んでも不思議ではありません。

    問題は日本人が日本を悲観しすぎるので、投資資金に厚みがなくなって、ちょっとした反応で株価が上下してしまうことの方だと思っていますが。

  1. 2010 年 4 月 23 日 09:04 | #1
  2. 2010 年 4 月 23 日 09:04 | #2