ホーム > 資金調達 > 不良債権・不動産の流動化進む

不良債権・不動産の流動化進む

Pocket

日本でも投資実績を積み上げているのが米大手のフォートレス・インベストメント・グループだ。来日したピーター・ブリガー共同会長とダニエル・マッドCEOに投資戦略について聞いた。
(日経ヴェリタス2010年10月17日17面)

【CFOならこう読む】

今日は備忘記録です。

「日本でも今後数年で5.6兆円の資産が売却されるとみており、今後の投資機会は非常に大きくなる。売却される資産は、満期償還を迎える商業用不動産ローン担保証券(CMBS)が最大で、不動産会社やファンド向けの銀行ローンも外部の投資家に売りに出されていくだろう」(前掲紙)

5.6兆円の内訳は次の通りです。

CMBSの満期償還 2.9兆円
ファンド・REIT向けのローン 1.1
経営不振・破綻した不動産会社向けローン 0.62
商業銀行の保有ローン 0.58
投資銀行の保有ローン 0.43

(出所:前掲紙)

【リンク】

なし

カテゴリー: 資金調達 タグ: ,
  1. mark
    2010 年 10 月 22 日 08:47 | #1

    フォレストではなく、フォートレスですよね。

    • 吉永
      2010 年 10 月 23 日 18:24 | #2

      ご指摘ありがとうございます。修正しました。今後ともよろしくお願いします。

  1. 2010 年 10 月 18 日 08:15 | #1
  2. 2010 年 10 月 18 日 16:15 | #2
  3. 2010 年 10 月 18 日 16:15 | #3
  4. 2010 年 10 月 18 日 16:15 | #4