ホーム > 自社株取得 > 自社株買い、増加基調

自社株買い、増加基調

Pocket

上場企業の自社株買いが増加基調に転じている。取得額(普通株ベース)は今年9月に前年同月の2倍、10月は同10倍に膨らんだ。微増の8月を含め、3ヶ月連続で前年同月を超えたのは金融危機前の2007年12月~2008年2月以来、2年8ヶ月ぶり。キヤノンが10月までに約500億円分を買い入れたほか、KDDIや富士フィルムなど新たに取得枠を設ける動きも目立つ。
(日本経済新聞2010年11月4日3面)

【CFOならこう読む】

「自社株買いの枠を新たに設けた企業も、10月は67社と前年同月を上回った。KDDIは2010年4月~9月期決算とあわせ、発行済株式数の5%強、上限1,000億円で自社株買いを実施すると発表。「足元の株価は安い。『まだKDDIは伸びる』というメッセージを込めた」(小野寺正社長兼会長)」」

(前掲紙)

10月27日のポスト「自社株買い銘柄が堅調」でもお話ししましたが、シグナリング効果を意識してKDDIのようにトップが市場にメッセージを送ることが大切だと思います。

【リンク】

なし

カテゴリー: 自社株取得 タグ:
  1. 2010 年 11 月 4 日 11:49 | #1

    枠を設定するだけでなく、枠の消化率の方も重要ではないでしょうか?

    株価が高くなりすぎたのなら消化する義務もないかもしれませんが、未消化の場合の説明責任とかもおざなりな感じがいたします(これは米国でも良く言われていますが)。
    したがって、CFOの方は株主還元、株主とのコミュニケーションのツールとしての自社株買いの最終目的をしっかり果たしてほしいと思います。

  1. トラックバックはまだありません。