ホーム > 業績評価 > 棚卸資産回転率ーソニー改善

棚卸資産回転率ーソニー改善

Pocket

ソニーやパナソニックの在庫効率が改善している。ソニーの2010年7~9月期の棚卸資産回転率は7.18回と金融危機前(2008年7~9月期)を上回った。パナソニックも改善しており、販売動向を素早く生産に反映させる取り組み奏功している。需要が不透明なクリスマス商戦を控え、在庫管理を一段と徹底していることも背景にある。
(日本経済新聞2010年11月27日13面)

【CFOならこう読む】

棚卸資産回転率(回)=年間売上高/棚卸資産(期首・期末平均)で計算される指標で、1年間で在庫が何回転しているかを見る指標です。より少ない在庫で多くの売上をあげることができれば、それだけ効率が良いといえます。

今日の新聞では、棚卸資産回転率を、「棚卸資産の期中平均を売上高で割って算出する」とありますが、これは「売上高を棚卸資産の期中平均で割って算出する」の誤りです。

ソニーの棚卸資産回転率を計算してみましょう。

2010年6月30日 2010年9月30日
棚卸資産(百万円 748,586 917,284
2010年第2四半期
純売上高(百万円) 1,494,434

四半期売上高を4倍すると年間売上高に相当します。すなわち

1,494,434×4=5,977,736百万円

第2四半期の期首・期末平均棚卸資産は、

(748,586+917,284)÷2=832,935百万円

となるので、

棚卸資産回転率は、

5,977,736÷832,935=7.176回

となります。

その他の日韓家電各社の2010年7~9月期の棚卸資産回転率は以下の通りです。

サムソン電子 10.99回
パナソニック 8.89
LG電子 8.01
ソニー 7.18
シャープ 6.19

(前掲紙)

【リンク】

2010年7月29日「2010年度第1四半期 連結業績のお知らせ」ソニー株式会社 [PDF]

2010年10月29日「2010年度第2四半期 連結業績のお知らせ」ソニー株式会社 [PDF]

カテゴリー: 業績評価 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. 2010 年 11 月 27 日 10:50 | #1
  2. 2010 年 11 月 29 日 23:42 | #2
  3. 2010 年 11 月 29 日 23:42 | #3