ホーム > リスク管理 > クーポンスワップの会計処理

クーポンスワップの会計処理

Pocket

コナカやニッセンホールディングスなど輸入商材を国内販売する小売企業で、長期の為替予約を取りやめる動きが相次いでいる。収益押し上げを狙った
デリバティブ取引が想定外の円高で多額の損失を出したためだ。経済環境の激変で為替相場は大きく振れやすく、今後は自らの販売戦略も見据えた為替リスクの管理体制が必要になりそうだ。

(日本経済新聞2010年12月17日1面)

【CFOならこう読む】

「損失を広げたのは「クーポンスワップ」と呼ぶデリバティブ取引だ。企業と金融機関がそれぞれ扱う通貨を交換する通貨スワップの一種で、元本ではなく利息部分(クーポン)を交換する。企業は毎年、固定レートで円とドルを交換できる。通常の予約より契約直後の為替レートが有利になる性質があり、短期的な損益押し上げ効果が大きい。一方、金融機関は長期にわたって手数料を受け取れる。双方の思惑が一致し、将来の円安進行が予定された2003年~2007年ごろに販売が増えた」(前掲紙)

為替レートが120円程度のときに、5年から7年程度の長期のクーポンスワップ契約を取り組むことにより、100円を下回るレートでその期間に予定される輸入取引の為替レートを固定化することができたので、ヘッジ目的で多くの企業が利用していました。

記事に書かれている多額の損失とは、固定化した為替レートよりも円高に進んだことにより生じたもので、その意味ではどのようなヘッジからも生じ得るもので、特に小売企業が投機的な取引に手を染めたから発生したわけではありません。

しかしクーポンスワップのような長期のヘッジ手段は、現代のように短期間で経営環境が大きく変化する時代には好ましくないということは今日の記事の教訓として肝に銘じるべきでしょう。

【リンク】

なし

  1. コメントはまだありません。
  1. 2010 年 12 月 18 日 21:25 | #1
  2. 2010 年 12 月 19 日 00:42 | #2
  3. 2010 年 12 月 20 日 20:20 | #3
  4. 2010 年 12 月 20 日 20:20 | #4
  5. 2010 年 12 月 20 日 20:20 | #5
  6. 2010 年 12 月 20 日 20:20 | #6
  7. 2010 年 12 月 30 日 09:06 | #7
  8. 2011 年 1 月 29 日 13:51 | #8
  9. 2011 年 1 月 29 日 13:53 | #9
  10. 2011 年 1 月 29 日 13:53 | #10
  11. 2011 年 1 月 29 日 13:53 | #11
  12. 2011 年 1 月 29 日 13:53 | #12