ホーム > 自社株取得 > 自社株買い、日米高水準

自社株買い、日米高水準

Pocket

日米の上場企業が自社株買いを増やしている。2011年上期は、日本が前年同期比2.3倍の7997億、米国が76%増の2916億ドル(約23兆円)と、半期ベースで2008年9月のリーマン・ショック後の最高となった。金融危機後、現金を積み上げ「守り」の姿勢を取っていた日米企業だが、余剰資金を自社株買いに振り向け、株価の下支えや資本効率の向上を目指す。
(日本経済新聞2011年7月21日1面)

【CFOならこう読む】

「金融情報サービスのアイ・エヌ情報センターによると、上期の日本企業の自社株取得額は2008年下期(2兆1945億円)以来の水準。キヤノンが500億円、NTTドコモが200億円を取得した。ベネッセホールディングスは2012年3月までに100億円を上限に自社株買いを実施する予定」(前掲紙)

自社株買いよりも国内外へ積極投資に打って出るタイミングだと思うのですが・・・。

【リンク】

2011年5月25日「自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ (会社法第 165 条第 2 項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得)」キヤノン株式会社 [PDF]

カテゴリー: 自社株取得 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. 2011 年 7 月 21 日 07:59 | #1