ホーム > M&A > KKR、ルネサスの経営権取得へ

KKR、ルネサスの経営権取得へ

Pocket

米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロ バーツ(KKR)は、経営再建中の 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの第三者割 当増資を1000億円で引き受け、 経営権を取得する方針を固めた。NECなど主要株 主3社と早ければ9月中にも 正式合意する。電機大手が母体となって発足した ルネサスの再建は、外資ファンド 主導で進む見通しとなった。
(日本経済新聞2012年8月29日1面)

【CFOならこう読む】

「KKRは28日、主3社と主力取引銀行にルネサス への出資案を提示した。ルネサスの株式時価総額 は約950億円、などの了解を取りつけ、発行済株式の過半を年内 にも取得して経営再建を主導する 方針だ」

KKRは、有力なプライベート・エクイティ・ファ ンド(PEファンド)の一つです。 私は、2月8日のエントリー「半導体3社、事業統合交渉」で、 ルネサスは、PEファンドの関与が望ましいという 趣旨のことを書きましたが、 その通りの展開になりそうです。

プライベート・エクイティ・ファンドには、資本 調達が難しい時期に企業に資金を提供したり、 ほかに買い手がいない状況で売り手に流動性を提 供するという役割があります。 日本では、この役割を国や役所が担いたがる傾向 がありますが、もとよりこのようなハイリスク・ ハイリターンの投資を税金で行うべきではありま せん。

「日の丸半導体」ルネサスの経営権が、外資ファ ンドの軍門に下ることを良しとしない向きも あるかも知れませんが、重要なのは誰が株主かで はなく、再建できるかどうかです。

【リンク】

なし

カテゴリー: M&A タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。