ホーム > 資本政策詳解 > 【資本政策詳解】IBJ

【資本政策詳解】IBJ

Pocket

IBJの株式上場の概要は次の通りです。

IBJは、2006年設立、ソーシャル婚活メディアを中心とした各種婚活サービスの運営およびライフデザインメディア事業などを展開している企業です。

主に結婚相談所ネットワークシステムの開発及び運営を目的として設立され、その後、2009年1月に、主に婚活SNSの運営を手がけていた株式会社ブライダルネットを吸収合併しています。

経営陣には、日本興業銀行や商工ファンドなど金融機関の出身者が顔を連ねています。
社名のIBJは社長が勤務していた興銀の略称にちなんでいるそうです。

公募価格は1,450円、予想PER16.5倍という水準での株式公開となります。

2008年12月期から2010年3月期まで、3期連続して経常損失及び当期純損失を計上した結果生じた欠損を、2009年に行った合併及び株式交換により生じたその他資本剰余金を取り崩ししたことにより、補填しています。

社長他取締役及びその同族により2/3超の持株比率を確保する資本政策になっています。

従業員のインセンティブは従業員持株会によっています。
(ストックオプションの発行はありません)

【リンク】

株式会社IBJ

 

カテゴリー: 資本政策詳解 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。