ホーム > MBO > デル、MBOで非上場 その2

デル、MBOで非上場 その2


11日のダウ工業株30種平均は5日連続で過去最高値となったが、浮かれたムードはない。むしろ市場では「経営者」と「株主」の対立による緊張が高まりを見せる。震源は米IT(情報技術)大手のデルだ。2月初旬に創業者のマイケル・デル最高経営責任者(CEO)と米投資ファンドが共同で買収し、株式を非公開化すると発表。買収総額が約244億ドル巨額だったことが話題を呼んだが、話はこれで終わらなかった。
(日本経済新聞夕刊2013年3月12日3ページ)

【CFOならこう読む】

2月7日のエントリー「デル、MBOで非上場」の続報です。

「新たに登場したのが米国を代表する「物言う株主(アクティビスト)」のカール・アイカーン氏。3月に入って、まとまったデル株の投資を始めたことが判明。デルCEOが主導する株式の非公開化が株主から承認されなかった場合、株主に対して直ちに特別配当をするように要求した。」(前掲紙)

カール・アイカーン氏は株式非公開化の代わりにレバレッジド・リキャピタリゼーション(負債による資本再構成)と1株当たり9ドルの配当支払いを求めているとのことです。

【リンク】

なし

カテゴリー: MBO タグ: ,