ホーム > 資本政策詳解 > 【資本政策詳解】ウォーターダイレクト

【資本政策詳解】ウォーターダイレクト

Pocket

ウォーターダイレクトの株式上場の概要は次の通りです。

20130401_00

ウォーターダイレクトは、リヴァンプが中心となり2006年に設立、「安心・安全なおいしい水を全世界に提供するプラットフォームを確立する」ことを経営理念とし、富士山麓から採水したナチュラルミネラルウォーター(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの(農林水産省 ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン))を宅配するホーム・オフィス・デリバリー事業(宅配水製造・販売事業)を行っている企業です。

公募価格は1,200円、予想PER12.6倍という水準での株式公開となりました。

20130401_01

初期投資が大きかったため、第1期379百万円、第2期543百万円の赤字を2008年12月に、一部資本準備金の取り崩しにより補填しています。2012年3月時点では累損が少し残っていましたが、利益の積み上げにより、2012年12月末現在一掃されています。

20130401_02

創業期の資金はは主に村口和孝氏等のVCから調達しています。
その後の設備投資資金は銀行借入により調達しています。

20130401_03

VCの持株比率は上場直前時点で発行済株式総数の46%を占めており、ファンドの今後のexitが注目されます。

従業員のインセンティブは従業員持株会とストックオプションによっています。

【リンク】

株式会社ウォーターダイレクト

カテゴリー: 資本政策詳解 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。