ホーム > 未分類 > 金利低下で社債発行ラッシュ

金利低下で社債発行ラッシュ

Pocket

国内企業の社債発行に向けた動きが活発化してきた。先週は20社が33銘柄を起債し、合計発行額は9600億円
にのぼった。日銀の金融緩和で金利が一段と低下したほか、国債に比べた利回りの高さから投資家が社債の
購入意欲を強め、調達環境が好転したためだ。有利な条件で長期資金を確保したい企業の動きを後押ししている。
(日経ヴェリタス2013年4月21日19ページ)

【CFOならこう読む】

発行金利低下が目立つ主な社債は次の通りです。

20130422

「日産自動車は19日、期間5年と7年の2本建てで合計1100億円の発行条件を決めた。円安による収益拡大への期待から信用力が改善したほか、国債を大量購入する日銀の緩和策で国債利回りも低下しており、5年債の発行金利は0.415%と、東日本大震災直後の2011年4月に出した前回の5年債(0.871%)から大幅に低下した」(前掲紙)

社債のよる資金調達コストが大幅に低下しています。

【リンク】

なし

カテゴリー: 未分類 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。