ホーム > マクロ経済 > 雇用規制特区で緩和

雇用規制特区で緩和

Pocket

政府は残業や解雇などの雇用条件を柔軟に設定できる規制緩和を、地域限定で検討する。安倍晋三首相の主導で決める国家戦略特区を活用し、成長産業への労働移動など人材の流動化を進め、日本経済の活力を高める。参院選前は世論の反発を招きかねない労働改革に踏み込まなかったが、特区に絞って抜本的に規制を改革する。
(日本経済新聞2013年7月26日1ページ)

【CFOならこう読む】

「国家戦略特区は地域を限って大胆な規制緩和や税制優遇に踏み切る仕組み。政府は8月末にも東京、大阪、愛知の三大都市圏などを特区に指定する。
中略
政府はこの特区で規制緩和する項目をさらに10~20項目上積みする。内閣官房が雇用、医療、農業、エネルギー、クールジャパンといった分野で約130の検討項目をまとめ、各省と協議に入った。第2弾の項目の関連法案は来年の通常国会に提出し、来年中の早い時期の実現を目指す。」(前掲紙)

ん、クールジャパン?
まさか日本企業だけ優遇するのではなかろうね。
内外無差別ですよ。

【リンク】

なし

カテゴリー: マクロ経済 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。