ホーム > 会計 > OKI、年金財政好転により営業利益押し上げ

OKI、年金財政好転により営業利益押し上げ

Pocket

OKIは年金財政の好転が、2015年3月期から営業利益を年間10億~20億円押し上げる見通しだ。過去に実施したリストラや年金制度変更の効果が出るうえ、退職給付信託として拠出した株式の価格が大きく高まったため。
(日本経済新聞2013年11月29日19ページ )

【CFOならこう読む】

「年金資産に組み入れている、持ち合い関係にあった不動産大手ヒューリック株の上昇。発行済み株式の5%を退職給付信託に設定しており、前期末の簿価は約230億円と年金資産の2割強を占める。同株価は前期末から2倍強に上昇。来年3月末時点の株価に左右されるが、運用好転分は一定期間をかけて損益に反映していくため、利益押し上げ要因になる。」(前掲紙)

これにより来期は10億円程度の増益が見込まれるとのことです。
株価の上昇による年金資産の運用収益の改善が増益要因になる会社が増えそうです。

【リンク】

なし

カテゴリー: 会計 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。