ホーム > リスク管理 > 円買いオプション、半年ぶり高水準

円買いオプション、半年ぶり高水準

Pocket

為替相場で円高リスクに備える動きが目立ってきた。為替オプションの動向をみると、今の安い水準で円を買ってドルを売る権利に人気が集まっており、その需要は約半年ぶりの高水準になった。足元で円高の動きは一服しているが、内外金融機関や輸出企業の間で円高に相場が急変するとの警戒感は依然残っている状況だ。
(日本経済新聞2014年1月29日1ページ )

【CFOならこう読む】

「一定の価格で通貨を買う権利と、売る権利について、双方の価格の差から需給バランスをみる「リスク・リバーサル」という指標がある。みずほ証券によると、この指標は27日にマイナス1・4%となり、昨年7月以来の低い水準になった。この指標はマイナス幅が大きいほど、円買いオプションの需要が高まり、買う権利の取引価格が上昇していることを意味する。」(前掲紙)

リスク・リバーサルは、必ずしも先行きの為替変動自体を予測するための指標ではありませんが、市場参加者のリスク認識を通じて為替変動の背景を探るうえでは、参考になる指標の一つと考えられています。
(日銀レビュー リスク・リバーサルからみた為替変動へのリスク認識参照。https://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2012/rev12j14.htm/

【リンク】

なし

カテゴリー: リスク管理 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。