ホーム > 税制 > 米大統領、一般教書演説 法人税率下げ雇用創出

米大統領、一般教書演説 法人税率下げ雇用創出

Pocket

オバマ米大統領は28日の一般教書演説で、2期目の最優先課題と位置付ける環太平洋経済連携協定(TPP)の妥結に改めて意欲を示した。TPP交渉促進に必要な大統領貿易促進権限(TPA)法案への超党派の協力も要請。ただ、日米協議難航の影響などで日程はすでに綱渡りで、大統領の強力な指導力抜きに膠着を打開できるメドは立たない状況だ。
(日本経済新聞2014年1月30日7ページ )

【CFOならこう読む】

「教書では米企業の競争力向上に向け法人税改革も目玉にすえた。共和党も連邦法人税率の25%程度への引き下げを主張しており、部分的には足並みがそろう。だが、個人所得税率や国際課税の扱いなど、ほかの重要な改革では溝が深い。」(前掲紙)

具体的には、次のように述べています。

“Let’s work together to close those loopholes, end those incentives to ship jobs overseas, and lower tax rates for business that create jobs here at home”

Loophole とは、CFC税制(タックス・ヘイブン対策税制)とチェック・ザ・ボックス規則(一定の企業体について構成員課税を選択できる)のことを指していると思いますが、議会がこれに同調する可能性は低いものと思われます。

【リンク】

なし

カテゴリー: 税制 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。