アーカイブ

‘リスク管理’ タグのついている投稿

円ドル、変動幅小さく

外国為替市場で円の対ドル相場の変動幅が小さくなっている。東京市場では3月に入ってからの一日の値幅は平均で36銭と、2012年10月以来1年6カ月ぶりの小動きとなっている。ウクライナ情勢など先行き不透明感が強いことに加え、投機筋が円とドルの売買の持ち高を大幅に縮小しているためだ。
(日本経済新聞2014年3月25日21ページ)

【CFOならこう読む】

「一定期間後に通貨を売る権利や買う権利を取引するオプション市場でも、円相場は膠着が目立っている。1カ月後にドルを買う権利の予想変動率は、24日時点で一時7・350%。安倍政権の誕生につながった衆院解散の前である12年11月14日以来の水準まで下落した。」(前掲紙)

ヘッジのコストが下がっているということです。
ヘッジを検討するには良い時機かもしれません。

【リンク】

なし

カテゴリー: リスク管理 タグ:

円買いオプション、半年ぶり高水準

為替相場で円高リスクに備える動きが目立ってきた。為替オプションの動向をみると、今の安い水準で円を買ってドルを売る権利に人気が集まっており、その需要は約半年ぶりの高水準になった。足元で円高の動きは一服しているが、内外金融機関や輸出企業の間で円高に相場が急変するとの警戒感は依然残っている状況だ。
(日本経済新聞2014年1月29日1ページ )

【CFOならこう読む】

「一定の価格で通貨を買う権利と、売る権利について、双方の価格の差から需給バランスをみる「リスク・リバーサル」という指標がある。みずほ証券によると、この指標は27日にマイナス1・4%となり、昨年7月以来の低い水準になった。この指標はマイナス幅が大きいほど、円買いオプションの需要が高まり、買う権利の取引価格が上昇していることを意味する。」(前掲紙)

リスク・リバーサルは、必ずしも先行きの為替変動自体を予測するための指標ではありませんが、市場参加者のリスク認識を通じて為替変動の背景を探るうえでは、参考になる指標の一つと考えられています。
(日銀レビュー リスク・リバーサルからみた為替変動へのリスク認識参照。https://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2012/rev12j14.htm/

【リンク】

なし

カテゴリー: リスク管理 タグ:

ユーロ安・円高一服

ユーロ安・円高が一服し、為替相場が円安方向になってきた。足元のレートは一時1ユーロ=103円台後半まで戻り、各社が想定していた100円程度より円安で推移している。103円の水準が続けば、欧州の売上規模が大きい主な20社では、2012年度下期の営業利益を計算上、従来の会社予想より400億円近く押し上げる可能性がある。
(日本経済新聞2012年9月19日13面)

【CFOならこう読む】

ユーロ変動の影響が特に大きい10社の、対ユーロ1円の変動が営業利益に与える影響は次の通りです。

 

欧州危機問題は抜本的な解決にはほど遠く、ユーロの動向は全く不透明です。このため、各企業は円高対策に力を入れています。

「精密ではセイコーエプソンがインクジェットプリンター用のカートリッジで値上げを検討。リコーや富士フイルムホールディングスは外貨建ての部材調達を加速する。他業界でもソニーやコマツなどが値上げを検討するなど、為替動向に左右されにくい収益対質の構築を急いでいる。」(前掲紙)

【リンク】

なし

カテゴリー: 為替 タグ: ,

良い金利上昇?

米長期金利が1.7%台後半と、5月以来約3ヵ月ぶりの水準をつけている。米経済指標の改善が続いていることで米景気への悲観的な見方が薄れ、安全資産である国債が売られリスク資産である株式などに資金が流れているためだ。日米の長期金利は水準こそ異なるものの連動しやすく、日本の長期金利も米金利と時を同じくして上昇に転じている。
(日本経済新聞2012年8月16日5面)

【CFOならこう読む】

右のチャートを見ると、日本の長期金利が上昇しているのがわかります。

「米景気の本格的な回復が鮮明になれば、日本経済の先行きにも好材料だ。日本国債を大量に保有している金融機関などが先行きの景気改善を見込み、金利低下の過程で生じた含み益を確定しようと国債の売却に動けば、日本の長期金利が米金利に伴ってさらに上昇する可能性もある」(前掲紙)

景気回復に基づく緩やかな金利上昇は、「良い金利上昇」であるというのが今日の記事
です。

【リンク】

なし

カテゴリー: 金利 タグ: ,

北欧通貨、上昇が鮮明

北欧通貨の対ユーロ相場の上昇が鮮明だ。スウェーデン・クローナは8日、1ユーロ=8.27クローナ台と、2000年6月以来約12年ぶりの高値水準で推移した。ノルウェークローネも7月末以降、9年半ぶりの高値圏にある。欧州債務問題で北欧通貨が資金の一時的な逃避先となっている。
(日本経済新聞2012年8月9日15面)

【CFOならこう読む】

「北欧の両国はユーロ圏に比べ経済が堅調だ。ユーロ圏で財政危機がくすぶると、地理的にも近い両通貨は投資家により買われやすくなる。」(前掲紙)

通貨高は両国の輸出企業の収益を圧迫します。特にスウェーデンは輸出立国なので、中央銀行が利下げする可能性も取り沙汰されています。利下げされれば、ユーロとの金利差が縮小し、クローナ高が止まる要因となり得ます。

【リンク】

なし

カテゴリー: 為替 タグ: ,

シャープ債、利回りが急上昇

先週の社債市場でシャープ債の流通利回りが急上昇した。日本証券業協会の集計では、直近発行の26回債(残存期間7年強)の国債に対するスプレッドは7月27日に2.94%となり、1週間で約1%拡大した。
(日経ヴェリタス2012年7月30日24面)

【CFOならこう読む】

「利回りが急上昇したきっかけは「2012年4〜6月期の連結最終損益が1000億円程度の赤字になったようだ」との7月24日の報道。2013年3月期通期の業績予想(300億円の最終赤字)と比べ足元の事業環境の厳しさが浮き彫りとなった」(前掲紙)

シャープのCDSも急上昇しており(622.27bp:東京金融取引所7月27日参考値)、留意が必要です。

【リンク】

なし

カテゴリー: 資金調達 タグ: ,

円のボラティリティ急低下

外国為替市場で、円相場が当面膠着するとの見方が強まっている。通過オプション取引で今後1ヵ月間の予想変動率(ボラティリティ)は約2ヵ月ぶりの水準まで低下した。
(日本経済新聞2012年4月18日15面)

【CFOならこう読む】

「円高修正が進んだ3月中旬にボラティリティは今年最高の10.85%まで上昇した」
(前掲紙)

現在は10%を下回る水準まで低下しています。ヘッジ取引を検討するには良いタイミングかもしれません。

【リンク】

なし

バフェット、ブラック・ショールズ・モデルに異を唱える

バフェットは同モデル(ブラック・ショールズ・モデル)には欠陥があると主張する。期間が数ヶ月単位のオプションなら同モデルは有効だが、バフェットが手がけている期間の長い保険(オプション)契約では、合理的な評価にならないという。
(日経ヴェリタス2011年4月10日56面バフェットからの手紙)

【CFOならこう読む】

「大学でブラック・ショールズ・モデルを、当然の真実として教える現在の慣行を見直す必要があります。さらに言えば、オプション価格の勉強に時間をかける傾向も改めるべきです。」(前掲紙)

私は10年ほど前、数理ファイナンスの専門家である上智の津野先生にお願いして、学部の授業に1年間通わせてもらい、ブラック・ショールズ・モデル理論について懇切丁寧な指導を受けたことがあります。

バフェット氏は、大学でオプション理論を勉強したことがないのでしょう。大学でブラック・ショールズを当然の真実として教えるなんてことはありません。むしろブッラク・ショールズの限界を教えることに時間をかけていると思います。

一番悪いのは、モデルの前提を理解せずに機械的にブラック・ショールズ・モデルやCAPMにパラメータを放り込みその結果を無批判に受け容れることでしょう。専門家にはまずそのモデルを使用することの是非を判断する能力が求められます。そのためには大学なりできちんと勉強することは有意義だと私は思います。

【リンク】

なし

「ベキ分布」とデットとエクイティ

・特異な性質を持つ「ベキ分布」の研究進む
・大震災、ブラック・スワン現象が随所に発生
・想定外への対処、ヒト、モノ、知恵総結集で

(日本経済新聞2011年4月7日24面 経済教室 高安秀樹明治大学客員教授)

【CFOならこう読む】

今日の経済教室の高安さんは、「経済物理学の発見」 (光文社新書)の著者です。

ベキ分布とは何かについて、高安さんは、「経済物理学の発見」で次のように説明しています。

「岩石に衝撃を与えて破砕するとその破片の大きさの分布はベキ分布になることが知られています。ガラスのコップを固い床に落として割ったときに出来る破片も同じです。大きな破片はほんの数個で、中くらいの破片はかなりの数になり、小さな破片は無数にあります。目に見えないような小さな破片の数はさらに多くて、顕微鏡で拡大してみても同じような分布が観察されます。顕微鏡でも見えないくらいのほこりのような破片の数が最も多いので、1つずつの破片の大きさの平均値を求めると、事実上ゼロになってしまうのです。
破片の大きさの標準偏差を計算すると、今度は小数の大きな破片の寄与が無視できなくなり、非常に大きな値になります。何桁も大きさの違う破片が混在しているのですからゆらぎの幅を表す標準偏差が大きな値になるのは当然といえるでしょう。」

ベキ分布のグラフは次のようになります。

冪乗則にしたがうグラフの例。横軸が商品のアイテム数、縦軸が販売数量を表す。このモデルは「80:20の法則」として知られ、右に向かう部分はロングテールと呼ばれる。

「ベキ分布の裾野は桁違いに大きいところまで伸びている」(前掲紙)

この裾野はロングテールとも呼ばれます。また、ナシーム・タレブの著書「ブラックスワン」は、これを象徴的にブラックスワンと表現しています。

「身の回りにたくさんの事例があるベキ分布が、長い間、確率・統計の理論の主流から外れ、ほとんど教えられもしなかったのは、ベキ分布では、平均値や標準偏差といった最も基本的な統計量が意味をなさないからだ。
例えば、地震のエネルギーの平均的な大きさを求めよ、といわれれば、与えられた観測期間の間に起きた全地震のエネルギーを足し合わせた量を地震の回数で割るだろう。だがこの平均値が、現実にはあまり意味を持たない。観測期間を変えると、その平均値が大きく変化してしまうからだ」(前掲紙)

大震災があったばかりなので、このロングテールの部分から、とんでもなく悪いことが起こるというネガティブな事象を想起してしまいますが、ナシーブ・タレブはこれをポジティブに捉え、とんでもなく良いことが起きるようなロングテールを追求する生き方を推奨しています。

私はデットとエクイティの本質的な違いを、このロングテールの部分に見ることができると思っています。エクイティを所有権として見るのではなく、ロングテールの持分権者として見るのです。そうすると、コーポレートガバナンスや最適資本構成や会計上の連結範囲等々、CFOが普段接しているような事柄の見え方が全く違ってきます。

例えば、株主が、ロングテールの裾野を厚くするという方向の意思決定を株主総会で自由に行えるという統治構造は、ロングテール部分の持分権者ではない他のステークホルダーにとって望ましくないということになるかも知れません。

また、行き過ぎたレバッレジは、株主が小さなリスクでロングテールの持分権を獲得できてしまい、フェアでないということになるかも知れません。

さらにロングテールの持分権者が必ずしも会社を支配しているとは限らないという意味で、持分割合を基準に連結範囲を決めることが妥当ではないということになるかも知れません。

まっ、とりあえず、タレブは、「本を書こう。パーティーに行こう。」と言っているので、私は本を書くことにします。

【リンク】

経済物理学の発見 (光文社新書)
経済物理学の発見 (光文社新書) 高安 秀樹

光文社 2004-09-18
売り上げランキング : 9274

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質 ナシーム・ニコラス・タレブ 望月 衛

ダイヤモンド社 2009-06-19
売り上げランキング : 944

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質 ナシーム・ニコラス・タレブ 望月 衛

ダイヤモンド社 2009-06-19
売り上げランキング : 1219

Amazonで詳しく見る by G-Tools

北海ブレント120ドル台

ロンドンの原油先物市場では4日、指標の北海ブレント原油(期近の5月物)が3営業日続伸し、一時、前週末比2.59ドル高い1バレル121.29ドルを付け、2年半ぶりに120ドルを突破した。
(日本経済新聞夕刊2011年4月5日1面)

【CFOならこう読む】

今日は備忘記録です。

「ニューヨーク原油先物相場も3日続伸し、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近5月物は前週末より0.53ドル高の1バレル108.47ドルで取引を終えた」(前掲紙)

「WTI原油先物 日足チャート(3ヵ月分)」ChartParkより

カテゴリー: リスク管理 タグ: