ホーム > 税制 > ユニチャーム、子会社のユニチャームペットケア合併によりタックスコスト削減

ユニチャーム、子会社のユニチャームペットケア合併によりタックスコスト削減

Pocket

ユニチャームは30日、2011年3月期の連結純利益が前期比31%増の320億円になる見通しだと発表した。従来予想を65億円上回る。9月にペット用品子会社のユニ・チャームペットケアを吸収合併する際、一時的に税金費用が削減されるため。
(日本経済新聞2010年7月31日17面)

【CFOならこう読む】

ユニチャームは、子会社であるユニチャームペットケアに対し、平成22 年5月6日より平成22 年6月16日までTOBを実施し、97.28%の持分を保有するに至っています。

当初の予定通り、ユニチャームはユニチャームペットケアを9月1日を効力発生日として吸収合併しますが、少数株主には対価として株式ではなく現金(TOB価格と同一の3,825円)が支払われます。したがって、税務上みなし配当と株式譲渡損が両建て計上される例の規定が適用され、タックスメリットが取れることになると思われます(受配益金不算入&株式譲渡損のみ損金算入)。

なお、税制改正により、10月1日から非適格合併の抱合株式については譲渡損益が計上できないことになっていますので(法人税法61の2条3項)、このスキームは10月以降は適用できません(塞がれたということです)。

【リンク】

2010年4月30日「当社子会社であるユニ・チャームペットケア株式会社株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」ユニ・チャーム株式会社[PDF]
2010年4月30日「ユニ・チャーム株式会社とユニ・チャームペットケア株式会社の公開買付けの不成立を解除条件とする合併契約締結に関するお知らせ」ユニ・チャーム株式会社、ユニ・チャームペットケア株式会社[PDF]
2010年6月17日「当社子会社であるユニ・チャーム ペットケア株式会社株式に対する
公開買付けの結果に関するお知らせ」ユニ・チャーム株式会社[PDF]

カテゴリー: 税制 タグ: