ホーム > IPO > 米 株公開6年ぶり高水準

米 株公開6年ぶり高水準

Pocket

米国の新規株式公開(IPO)が急回復している。2013年の新規上場による資金調達額は約600億ドル(6兆1800億円)と、金融危機前の07年以来6年ぶりの高水準。ツイッターなど新興ネット企業の大型上場のほか、ホテルチェーンのヒルトンの再上場など名門企業の復活も話題になった。
(日本経済新聞2013年12月18日7ページ )

【CFOならこう読む】

「査会社ディールロジックの12日時点の集計によれば、米国の新規上場による資金調達額は13年に約600億ドルとなり、前年の実績より約26%増えた。上場した企業数も225社にのぼり、金融危機前の07年(288社)以来の多さになった。」(前掲紙)

米市場の今年の主な上場銘柄

企業名 事業内容 調達額
プレーンズGPホールディングス パイプライン運営 29億ドル
ゾエティス 動物向け医薬品 25億ドル
ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングス ホテル運営 23億ドル
ツイッター インターネットサービス 20億ドル
アンテロ・リソーシズ 天然ガス掘削 18億ドル

(出所:前掲紙)

日本はというと、今年1~9月に新規上場企業が市場から調達した資金は約3300億円。

それでも2000年以来の水準ということです。

【リンク】

なし

カテゴリー: IPO タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。