ホーム > 配当政策 > 株主配分、5年ぶり高水準

株主配分、5年ぶり高水準

Pocket

業績の拡大を背景に、株主への利益配分を積み増す上場企業が増えている。2014年3月期の株式配当は総額6兆8800億円と過去最高になる見通しで、昨秋以降でも4000億円近く上振れしている。自社株買いも合わせた株主配分では8兆円規模となり、5年ぶりの高水準だ。
(日本経済新聞2014年2月25日3ページ )

【CFOならこう読む】

「07年3月期から比較できる3月期決算の上場企業(電力など除く)2273社について、配当予想や自社株買いの実施状況などを集計した。
 配当総額の6兆8800億円は前期比15%増。金融危機後は一時4兆6400億円まで減ったが、6年ぶりに最高を更新する。今期に増配や復配を予定する企業は全体の3割強。それだけ業績の先行きに自信を持つ企業が多いことを意味する。」(前掲紙)

増配は結構なことですが、資金が投資に向かわなければ企業も国家も成長できません。
企業には雇用創出につながるような新規投資を期待します。

【リンク】

なし

カテゴリー: 配当政策 タグ: ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。