ホーム > リスク管理 > 円のボラティリティ急低下

円のボラティリティ急低下

Pocket

外国為替市場で、円相場が当面膠着するとの見方が強まっている。通過オプション取引で今後1ヵ月間の予想変動率(ボラティリティ)は約2ヵ月ぶりの水準まで低下した。
(日本経済新聞2012年4月18日15面)

【CFOならこう読む】

「円高修正が進んだ3月中旬にボラティリティは今年最高の10.85%まで上昇した」
(前掲紙)

現在は10%を下回る水準まで低下しています。ヘッジ取引を検討するには良いタイミングかもしれません。

【リンク】

なし

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。