ホーム > 未分類 > おもしろおかしくー堀場製作所最高顧問堀場雅夫氏(日経フォーラム世界経営者会議)

おもしろおかしくー堀場製作所最高顧問堀場雅夫氏(日経フォーラム世界経営者会議)

Pocket

経営者の仕事として一番重要なことは社員がどんな考えを持って働いているかを明らかにすることだ。企業は資本・経営・労働の3つで構成される。役割は分担され、報酬や利益も分配される。もし社員が仕事を「つまらない」「給料を得る手段」とだけ考えていたら残念だ。社員自ら、仕事を「おもしろい」と取り組めれば、新たな発想も続々と出てくる。
(日本経済新聞2013年10月22日15ページ)

【CFOならこう読む】

「小さな企業でも、家族や取引先などを含めれば関係者は何万人に上る。経営者はその全員に対して影響力がある。経営者としての最大の仕事は、「働く社員が、生きがいを持って人生を送れるかどうか」。それができれば、自然に企業は発展し、顧客満足度向上や社会や国家の発展にもつながっていく。」(前掲紙)

全面的に賛同します。
こういう話を聞くと、”一番大切なステークホルダーは云々”という議論に意味がない、ということがわかります。

従業員が楽しく働き、顧客が満足し、社会や国家の発展につながること、つまり国富(世界の冨)を創造することが企業には求められるのです。従業員が楽しく働けない企業は、中長期的に国富を創造し続けることはできません。

【リンク】

なし

カテゴリー: 未分類 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。