ホーム > 備忘録 > ヤオコー川野社長「人件費率は高くていい」

ヤオコー川野社長「人件費率は高くていい」

Pocket

埼玉県を中心に千葉県や群馬県など首都圏で食品スーパー110店舗強を展開するヤオコーの2012年3月期は、連結経常利益が前期比8%増えて100億円の大台に
乗せる見通しだ。
(日経ヴェリタス2011年10月9日16面)

【CFOならこう読む】

今日は備忘記録です。

-増益を続けられる理由をどうみているか。

パートナー(パート)社員を中心とする現場のやる気を引き出すことを重視している。現場で優れたアイデアが出て、売り場の魅力が増し、店舗が活性化すればお客さんも楽しいと感じて、また来店してくれる。その結果、業績も改善し、配当の増加や株価の上昇といった形で、株主に報いることができる。

人件費が高いと言われるが、それでいい。スーパーとしては日本一の給料を支払いたいと思っている。経営目標を達成したら追加ボーナスを支払う。従業員が持てる能力を最大限発揮できる仕組みを大事にしている。

【リンク】

なし

カテゴリー: 備忘録 タグ:
  1. トレーダー犬
    2012 年 8 月 7 日 00:42 | #1

    人件費抑えて高配当にするのが上場企業の経営者かするべき事
    同族会社は拝金主義のくせに、株主に対する利益相反が多い
    早いうちに、イオンに吸収されてアジア最大級のスーパーになるべき。
    同族会社は、いずれヤオハンと同じで市場の原理で処理される。
    株主舐めた経営者は、早いうちに退陣しなさい。

  1. 2011 年 10 月 12 日 08:34 | #1
  2. 2011 年 10 月 17 日 13:33 | #2