ホーム > マクロ経済 > 倒産、23年ぶり低水準

倒産、23年ぶり低水準

Pocket

企業倒産の歴史的低水準が続いている。東京商工リサーチが10日に発表した1月の全国企業倒産件数は、前年同月比7・5%減の864件だった。減少は15カ月連続となる。
(日本経済新聞2014年2月11日1ページ )

【CFOならこう読む】

「円安・株高で企業を取り巻く経営環境が改善。金融機関は中小企業金融円滑化法の終了後も企業の返済猶予の要請に対し柔軟に対応しており、件数の減少につながった。」(前掲紙)

一方、中小企業の資金需要は総じて見るとまだ弱い(鹿野嘉昭 同志社大学教授 2014年2月11日経済教室)。
中小企業が設備投資に前向きになり、銀行からの借り入れが増大するかどうかがアベノミクスの効果を測るポイントになります。

【リンク】

なし

カテゴリー: マクロ経済 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。